保育士として就職するためには

  • ブランクがある保育士の転職の注意点

    • 出産や育児などを理由に一度保育の仕事から離れた人、別の分野の仕事を経験し、また保育に携わりたいと転職を考えた人など、ブランクがある場合の保育士の転職にはなにかと不安がつきものです。一度ブランクがあいてしまうと、転職は厳しいと思っている人も多いかもしれませんが、全国で保育士不足は深刻となっています。

      待機児童の問題がありながら保育士は不足しているので、そんな中でブランクがあるとはいえ保育士の経験がある人は貴重な存在ともいえます。

      また保育施設の増加に伴い、求人も増えてきているのです。
      ブランクがある場合に不安な点として、まず保育の知識の変化や技術に関する不安があげられます。

      一度現場を離れたことにより、知識や技術が衰え、不安を感じるでしょう。


      このような時にはブランクを歓迎している求人を選ぶとよいでしょう。
      このような記述があるところは、実際に現場に入る前に研修を受けることができたり、教育係をつけるなどの教育体制が整っているなど、ブランクがあってもスムーズに現場に入ることができる環境が整っているのです。
      年齢を重ねたことによる体力的不安や、子育てとの両立による時間的不安がある場合には、まず雇用形態を見直すことも大切です。

      人には聞けない珍しい日本経済新聞ついて詳しく説明しているサイトです。

      最初は非正規雇用枠で就業し、正規職員への登用制度を利用し、後から切り替えるという方法もあります。



      ブランクがある場合でも保育現場での経験があるということは大きな強みとなります。


      経験を面接時にしっかりと伝え、保育の現場を離れてわかった保育のすばらしさなどをアピールするのもよいでしょう。