保育士として就職するためには

  • 保育士の就職先に病児保育

    • 保育士の就職先には保育所だけではありません。



      託児所やベビーシッター等、最近では活躍する場所が増えています。
      ワーキングマザーの増加により、病児保育施設の増加もあります。

      保育士の人達の中での不満な点は給与面の低さにありますが、病児保育施設での勤務の場合には運営元が医療団体の場合などは特に他の就職先よりも給与が高い事もあり、人気の就職先でもあります。


      病児保育施設での保育士は具体的に何を行うかというと、病気の子供のお世話をするといった点です。医療に関わる治療は看護師や医師が担当するのであくまで保育に関わる全般です。

      体調が悪く寝ている事も多かったり、機嫌が悪いといった点では健康な子供とは観察力が異なりますが、これまでの保育での経験値が活かせる場でもあります。主に定員が数名と限られている事もあり、一人で対応する事も多いでしょう。

      多くは8時頃から17時程度までの預かりが多く、毎日対象とする子供が異なるのでその子の癖や性格を知るには一瞬の判断も必要でしょう。



      土日や祝日が休みな所も多い為、働きやすい職場でもあります。

      エキサイトニュースに関する特集が満載です。

      病児保育と言っても、民間が運営している所、病院施設と併設している医療機関が運営している、自治体が運営しているなど運営元によって待遇面は異なります。病院施設では医療従事者の子を対象にしている事もあり、24時間体制で保育を行っている事も多いでしょう。

      その際には深夜勤務が発生する等の特長があります。